足湯

40代前半の女性です。

若い頃は特に冷えについて悩んだことは無く、いつも素足や薄手のストッキングにスカートを履いたりして過ごしていました。

真冬でも素足を出して外に出られる位に冷えとは無縁の生活を送っていました。

ところが30歳位になってから突然冷えを知り、今では本当の真夏以外はなんとなく背中や肩の辺りがスーっと冷える様な感覚と、特に足先がいつもひんやりしていて寒く感じます。

足の指先が冷えていることによる日常生活の悩み

常に一番冷たいと感じるのは足の指先です。

温泉等の湯船に長く浸かった後だといくらか良いのですが、自宅で入浴したりシャワーを浴びた後は温まったはずなのに、浴室から出て着替えをしている間にもすでに冷えを感じ始めてしまうほどです。

入浴後にすぐに靴下を履くようにしているのですが、それでも靴下の中で足先が冷えているのがわかります。

特に辛く感じるのは夜に布団に入った時です。

足の指先が冷えていることで、体全体が寒いような感覚になり中々寝付けないのです。

もちろん寝る時にも靴下は外せません。

毛布で足先をくるんでみたり、足元にだけ掛物を多くしてみたりと工夫をしても、足自体が芯から冷えてしまっているのでそうなると何をしても中々温まることは無いです。

寝る時に限らず昼間の温かい時間帯でも体は寒くないのに足先だけ冷たく冷えていることもあります。

それは厚手の靴下を履いていてもです。

外出していても足先が靴の中で冷たくなってしまうので外出中もときどき休憩して、靴を脱ぎ足の指を良く動かすようにしています。

夏場でも足先が冷えるので、あまりにもその症状がひどくなると足の指先がしもやけの様な症状を起こします。

初めは足先の赤みと痒みが出て何かと思ったのですが、調べてみるとしもやけの症状でした。

外の寒い場所に長時間居た訳でもないのにまさかと思ったのですが、冷えきって足の指を動かさないことでしもやけになるようです

足が冷えると体全体の血流が悪くなるのと、下半身のむくみが出るように感じます。

下半身がむくむことで足が見えるような服装が出来ないことも悩みの一つです。

冷えの悩みまとめ
  • 足先が寒くて寝付けない
  • お風呂から出てすぐに体が冷える
  • 外出先でもいちいち靴を脱いで足の指を動かさなければならない
  • しもやけの症状がでやすい
  • 下半身がむくむ

冷え対策は夏場でも手を抜かない

夏

30代で冷え性を自覚してからは「自分は体を冷やしてはいけない!」という事を常に意識して生活するようにしています。

服装

夏場の気温が高いときでも薄着はせずになるべく体温を逃がさずに、太陽の熱も吸収して過ごせるように衣服での調節も行っています。

夏場でも一歩建物の中に入ると冷房が効き過ぎている場所が多いので枚羽織る物を持ったり、ストールを持ち歩くようにしています。

足湯・足のマッサージ

また季節を問わず足湯や足部・下肢のマッサージ、ストレッチをするようにしています。

椅子に座っている時にも時間を見つけて足首や足の指を動かすようにしています。

食べ物

ホットミルク

また食べ物を選ぶ時にも注意をしています。

夏の食材でトマトはやキュウリ、ナスは好きなのですがそのまま食べると体を冷やしてしまうので、それらを食べる時には必ず火を通してから食べるようにしています。

そうすることで味も良くなるだけで無く、体を冷やさない効果もあります。

自分で料理するときだけでなくて、外食でメニューを選ぶときにも気にするようにしています。

また元々コーヒーが好きだったのですがコーヒーも体を冷やすので、コーヒーは一日1杯程度で済ませるようにしています。

代わりのホットミルクを飲んだり、生姜やはちみつを使って自分でホットドリンクにした物を飲むようにしています。

 

冷え性は簡単に改善するものでは無くて継続が必要なので、お金がかからずに自分で無理せずに継続出来る方法を探して続けるようにしています。

他の人が勧めていても自分には合わないものもあるので自分で一度試してみる様にしています。

足の冷え対策グッズは足湯器(フットバス)と電気カイロがおすすめ

今までの冷え対策として色々なグッズを試してきました。

足湯器は気持ち良くてむくみと疲れがとれる

足先の冷えが一番の悩みだったので自宅で使用できる足湯器(フットバス)を購入しました。

足湯器は気泡や水流も出るので気持ちも良くて、使用した後しばらくは足部の温かさを保つことが出来ました。

しかし私自身が温かさが持続しない体質なので靴下を履いていても次期に冷えてきてしまうので、寝る直前に使用してすぐに布団に入るようにしていました。

足湯器は日本製のものを使っていますが価格が安く、ちょうどいいサイズでお湯がこぼれることもなく良かったです。

足湯器のもう一つのメリットは足部の血流が改善することで足のむくみが取れたり、足の疲れが取れることです。

足のだるさが無くなるので一年中を通して使っています。

布団をぽかぽかにする電気カイロ

他に寝る時の足の冷え解消の為に電式の電気カイロを購入しました。

これは10分程度の充電で8時間程度カイロの温かさが持続するので、布団に入る前から布団の足部に入れて温めておいてから布団に入るようにしていました。

電気カイロは繰り返し使用が出来てお湯がこぼれる心配も無いのでとても良かったです。

真冬に限らず使用しています。

サプリメントも試したが継続が難しかった

他には体全体を温める為にサプリメントも使用していました。

サプリメントは生姜やニンニクが入ったものやドラッグストアで購入できる漢方をその都度店頭で選んで購入していました。

しかしサプリメントは飲むことを忘れてしまったり、お店で良さそうな物を見つけて購入すると前に飲んでいたものを放置して無駄にしてしまうこともありました。

継続して使用出来なければ効果も期待できず無駄になってしまうと感じました。

冷えが原因で病気になったり痩せにくい体になる

寒い女の人

女性は特に体が冷えやすいと言いますが、体の冷えは体調に大きく作用します。

冷えが原因で病気になったり、痩せにくい体質になったりと良いことがありません。

冷えを改善するのは中々難しいですが、食べるものや、冷えを解消させるグッズ、ストレッチ等を継続的に行って冷えにくい体にチェンジしていくように共に頑張っていきましょう。

今は様々なサプリメントも売られていますし、昔から冷えに良いとされている食材もあります。

逆に体を冷えさせる食材もあるので組み合わせにも注意しながらメニューを工夫して食事をするようにしてみましょう。

 

体は季節を問わず冷えるので、真夏の気温が高いときでも急激に体を冷やさないように注意して過ごすことが大切だと思います。

冷房の使い方や、夏の服装、特に季節の変わり目には注意が必要だと思います。

一日の中でも寒暖差はありますので気温に注意しながら羽織り物を一枚追加したり、下着の素材を変化させりすることが必要だと思います。

おすすめの記事