手先の冷え

31歳女性です。

以前は看護師として総合病院で勤務していましたが、結婚を機に退職しました。

今は育児をしながら専業主婦をしています。

私はもともと冷え性で悩んでいます。 体の中でも特に冷えを感じる部分は手足などの体の末端です。

冬場の寒い時期などはとにかく冷えが酷いです。

屋外で長時間過ごす際などは、手足がかなり冷たい状態になります。

手先の冷えは対策がしにくく日常生活で困ることが多い

子ども

私は体の中でも特に、手足の冷えに悩んでいます。

足は靴下を重ね履きすることなどで対応できますが、手はずっと手袋をはめている訳にもいかないです。

そのため、手先の冷えには特に辛さを感じています。

家の中で家事などをしている時はもちろん、屋外でも買い物で小銭を出す際など細かい作業をする時は、手袋をしたままでは難しいです。

また、私は小さな子どもがいます。 子どもがいると、お世話の関係で手先を使うことも多くなります。

例えば車で出かける際にチャイルドシートに乗せたり、靴を履かせたりなどです。

手袋をはめていてもできないことはないですが、確実に作業能率は悪くなり時間がかかってしまいます。

そうなると、着けたり外したりが面倒になってしまい、外出中に手袋を持ってはいても着けないことも多いです。 手先が冷えてかじかむと、細かい作業などをするのにも時間がかかってしまいます。

また、思うように手が使えなくて失敗してしまうこともあります。

例えば、スーパーでお会計をする時に手が凍えすぎていて、上手く小銭が取り出せないことも度々あります。

後ろにお客さんが並んでいるような場合は余計に焦るし、申し訳ない気持ちになってしまいます。

また、スマホの操作などが思うようにできない時もあります。

指先が上手く動かなくてメールが打てなかったり、うっかりスマホを落としてしまうこともあります。

スマホ対応の手袋などもあり、実際に使用したこともあります。 しかし、あまり感度が良くなくて、結局使わなくなってしまいました。

冷えの悩みまとめ
・手先が冷えで指が動かしにくいため子どもの世話に余計に時間がかかる
・スーパーの会計で小銭がうまく取り出せず周りの人を待たせてしまう
・スマホ操作がうまくいかない&スマホを手から落としてしまう

手先の冷え対策

前述しましたように、私は手先の冷えに特に悩んでいます。 外出中も子どものお世話などの関係で、手袋をずっと着けておく訳にもいきません。

指先だけを出せる手袋

何か良い方法はないかと考えた私は、指先だけを出せるタイプの手袋を購入してみました。 これが使ってみると役に立ち便利でした。

指先だけを出せるので、細かい作業をする際も問題がありません。

指先は出たままの状態なので「寒くないかな?」と思う気持ちも使用前はありましたが実際に使ってみると、特に問題はありませんでした。

逆に手袋を着けたり外したりをしなくて良い分、手先を常に保護できて冷えを防ぐことができます。

また、手先を使う必要がない時は、手袋を少し指先の方に引っ張って着けることで指先までしっかりとガードすることもできます。

私のように手の冷えは気になるけど、着けたり外したりが面倒で手袋を使わないという方には、是非試してみてほしいです。

冷え体質を改善するための鉄分が摂れる食べ物を積極的に食べる

赤身の肉

また、その他にも体を冷やさないようにするために、食べ物にも気を付けています。

暖かい服装をするなどして、体の外側から冷えを防ぐことも大切です。

しかし体の内側の冷えがひどいと、いくら外側からガードしてもその効果はその場しのぎのものとなってしまします。

より冷えから体を守るためには、冷え体質そのものを改善することも大切です。

そのために有効なのはやはり、体をつくる食べ物でしょう。

冷え対策のためには、鉄分をしっかり捕ることが有効だと言われています。

鉄分は血をつくる源となる成分だからです。

鉄分を多く含む食べ物には、赤身の肉や野菜なら緑黄色野菜などの色の濃いものが挙げられます。

冬場などは特に、食事に上記のようなものを積極的に取り入れるようにしています。

一番活躍したおすすめ温活グッズは蓄熱式の湯たんぽ

このように、私はかなりの冷え性で悩んでいるので、いろいろな温活グッズなどもよく試しています。 その中でも特におすすめしたいものを今回はご紹介させて頂きます。

それは、充電式タイプの湯たんぽです。

湯たんぽは昔ながらの物だと、お湯を入れて使用するものが一般的ですよね。

でも、その都度お湯を入れて使用するのは面倒だし、意外とすぐにお湯も冷めてしまって数時間程度しか意味をなしません。

また使用後はその都度乾かさないといけないし、水を使うのでカビや汚れなどの原因にもなりやすいです。

しかし充電式の湯たんぽの場合、コンセントにつないで充電するだけで使用することができるのです。

また、その持続時間も一般的に8時間程度は暖かさが持続されます。

充電式なので持ち運びにも便利です。

家の中でくつろぐ際に使用するのも良いですが、夜の内に充電しておいて、朝出かける際に持っていくのもおすすめです。

特に、朝早くの車の中は冷え切っていて暖房を付けてもなかなか暖まらないですよね。

そんな時に充電式の湯たんぽがあるとかなり役に立つと思います。

デスクワークなどの仕事の方の場合は、職場でも使用しても良いですね。

価格としても、2000円前後で購入できるものがほとんどなのでリーズナブルです

一度購入しておくと繰り返し何度も使用できるので、コスパ的にも良いです。

私自身、何年か前に購入して以降とても気に入って、それ以来冬場はかかせないアイテムになりました。

蓄熱式湯たんぽのメリット
  • お湯を入れ替える必要がない
  • コードレスだから車内や職場に持ち運びもできる
  • 15分の充電で8時間ほどは温かさが持続する(最大で12時間)
  • 値段も2000ほどで購入でき、繰り返し使える

冷えは免疫力の低下や便秘・不眠の原因にもなる

眠れない女性

冷え性で悩んでいる方は案外多いと思います。

でも、体の冷えが原因で外出することを億劫に感じてしまってはもったいないですよね。

なので、冷え性を改善するための温活グッズなどを上手く活用して生活に役立てることが大切だと思います。

また、体の冷えは免疫力の低下にもつながります。 実際に、体温が1度下がると体の免疫力は30%も低下すると言われています。

免疫力が低下すると、細菌やウイルスなどが体の中に侵入してきた場合に負けてしまいます。 その結果、風邪などの感染症を起こしやすくなってしまうのです。

また、体の冷えは便秘や肩こり、不眠などの体の不調にもつながります。

冷えは自分自身が辛いだけでなく、体にとっても悪いことだらけということです。

体質だからしょうがいないと安易に諦めず、改善のためにできることはいろいろと試してみることをオススメします。

食事や普段の生活習慣の改善など、すぐにできる身近なことから少しずつ改善のための行動を心掛けられると良いですよね。

おすすめの記事