末端冷え性の女性

はじめまして。 私は、30歳の会社員の女性です。

私は手足の冷えが気になる末端冷え性に悩んでいます。

冬場だけではなく、夏場の冷房の効いた部屋にいると冬場以上に冷えてしまいます。

そうなると、仕事に集中できなくなってしまうほどです。

自宅ではないので空調を自分で調節することができず、夏場は常に冷えと闘いながら仕事をしています。

末端冷え性は一度冷えるとなかなか温まらない

ブーツの女性の足

私は、手や足などの末端が冷えるのか1番辛いです。

手先や足先を見るとまるで死人のような色になっており、我ながら引いてしまいます。

手先や足先は1度冷えてしまうと、なかなか温めようとしても温まらないので日々頭を悩ませています。

また、1度温めたとしてもまたすぐに冷えてしまうので困っています。

それに職場などで温めようと思っても、なかなか人前でできる対策が思いつきません。 気持ちとしては足湯でもしたくなるくらいですがそうもいかず、もどかしいです。

また、カイロを常に持ち歩いてはいるのですが、それを常に握りしめていては仕事にならないので、そう言うわけにもいきません。

少しでもマシになるように、お腹にカイロを貼ったり、靴下を重ね履きしたりしながらなんとかしのいでいるのが現状です。

また、私はアイスティーやアイスコーヒーが好きなのですが、冷え性のためなかなか楽しめないのも残念です。 ソフトクリームやアイスクリームも大好きなのですが、冷えないように控えています。

また、ファッションの面でも素足にヒールを履きたい気持ちは山々なのですか夢のまた夢です。

また、夏場でも冷えないようにサンダルも履かないようにしています。 そのため、可愛いペディキュアも楽しめなくて悲しいです。

と言った感じで〈冷え〉は、私の日常にさまざまな制限をかけてしまう、かなり厄介な存在です。

そして、いつもその改善策を考えている今日この頃です。 冷えとの闘いには終わりがありません。

冷えの悩みまとめ
  • 手先・足先の血色が悪い
  • 一度冷えるとなかなか温まらない
  • 温めてもすぐにまた体が冷えてしまう
  • 冷たい飲み物、冷たい食べ物を食べたいのに控えなければならない
  • 素足でのファッションが楽しめない

冷え対策は日常的な食事・入浴・運動に気をつかっている

鍋料理

私の冷え性対策は、とにかく体を冷やさないように気をつけることです。

食べ物は温かいものを積極的に摂る

例えば、飲みものは基本的に冷たいものは飲まないようにしています。

そのため、水ではなくお白湯、アイスティーではなくホットティー、アイスコーヒーではなくホットコーヒーと言った感じです。

また、体を冷やさないために、体を温める食材を使った料理を積極的に食べるようにしています。 そのため夏場でも我が家では、ちゃんこ鍋やキムチ鍋などの鍋料理は定番です。

毎日のお風呂

また、体を温めるために毎日半身浴を行なっています。

半身浴20分、全身浴10分、リンパマッサージなどなどを浴室で行うため、お風呂は軽く1時間は超える長風呂です。

そのため、家族から心配され、覗きに来られたこともあります。

そして、お風呂上がりはストレッチをするのが習慣です。

運動の習慣

また体を温める力を高めようと、最近はスポーツジムに通うようになりました。

筋肉量をアップして、燃える体を作ることで、冷えが改善するのではと言う魂胆です。

 

後は、とにかく体から熱が逃げないようにストッキングの上には靴下を重ね履きしたり、冬場は極厚タイツが欠かせません。

さらには、手のひらがポカポカするハンドクリームを使い手のひらのマッサージなども行っています。

こちらのハンドクリームは塗ってから3分くらい経つとびっくりするぐらい温まります。高いので手専用で使っています。

自宅では足が冷えたなあと感じたら、バケツにお湯を張って足湯をするようにしています、

このような感じで、内から外からできる限りの冷え性対策を行い、冷えと闘っています。

実践している冷え対策
・できるだけ温かい飲み物を飲む
・ちゃんこ鍋やキムチ鍋など体を温める料理を夏でも作って食べる
・毎日半身浴とリンパマッサージを行っている
・お風呂上がりのストレッチ
・筋肉量をUPして代謝を高めるためにスポーツジムに通っている
・靴下の重ね履き
・極厚タイツ
・手のひらが温まるハンドクリームを使ってマッサージ
・バケツを利用して足湯

母から貰った葉酸サプリメント-mitas(ミタス)を飲んだ効果

高麗人参

これまで冷え性改善のためにさまざまなサプリメントや食材を試してきました。 もちろん、温活グッズもさまざまなものに手を出してきました。

その経験から学んだことは、「体を温めるためには定番的なものが1番効果的だ」と言うことです。

食材であれば、生姜やニンニク、唐辛子や根菜などの野菜類は体を温めてくれます。

また、最近私がハマっているのが〈高麗人参と生姜が入った葉酸サプリメントmitas(ミタス)〉です。

冷え性に悩む私を見た母がインターネットで買ってくれました。 なかなか高価なものなので、少々気が引けましたがせっかく買ってくれたので飲むようにしています。

すると、やはり高いだけあってか体が芯から冷えると言うことが少なくなり体調も安定しています。 もしかしたら、プラシーボ効果かもしれませんが、「それでもいいや」と母の愛を感じながら飲み続けています。

これらのことにそれほどデメリットはありませんがあるとすれば、〈体を温める食材は臭いが気になる〉と言うことでしょうか。

ニンニクや生姜や唐辛子だらけの鍋を食べた後は、さすがに自分でも自分の臭いが気になります。 そのため、休日前の夜にしか食べないようにしています。

先ほどのmitasで言えば、匂いはなく飲みやすいですがとにかく高価で自分ではなかなか買えないことでしょうか。 そのため、母の愛に甘えて、買ってもらったものを飲んでいます。

あと、温活グッズの定番はやはり〈カイロ〉です。 貼るカイロから携帯カイロまで、常に自宅にはストックがあります。 カイロに勝る外からの保温グッズはないのではないでしょうか。

末端冷え性は体の内側と外側両方から温めよう

冷え性辛いですよね。 体質なども影響しているため、なかなか100%改善するのは難しいかもしれません。

それでも試行錯誤しながら、自分に合った冷え性対策を探すのが1番じゃないかなあと思います。

自分に合った対策が見つかったら、負担にならない程度に続けられる範囲で、対策していくのが良いと思います。

また私は外側と内側、両方から対策していくと冷え性に対して効果的だったと感じています。

ぜひ、おいしい鍋料理をモコモコ靴下を履きながら楽しみましょう。

想像しただけで、温まりそうじゃないですか? それは冗談として、深刻に考え過ぎず、冷え性対策を楽しむのも1つの手かなあとも考える今日この頃です。

後は、きっとあなたの周りにも冷え性で悩んでいる人が必ずいると思うので、お互いに情報交換しながら、ストレスを溜めないようにしましょうね。

ストレスは万物の敵!もちろん冷え性にもストレスは大敵です。 冷え性の悩みに全てを持っていかれないように、楽しく日々を過ごしましょう。

おすすめの記事