足首の冷えは生姜パウダーと温熱サポーターで対策

現在45歳、女性です。 私が一番冷えを感じる部分は足首です。それから腹部周りでしょうか。

体が冷える部分というのは、体の外に出ている部分だけだと思っていました。

しかし最近になって、服からはみ出ている部分だけではなく服に隠れている部分でも冷えを感じるんだと改めて思います。

更年期も重ねってきているのかもしれませんが、腰や腹部周りの冷えは深刻です。

足首・腹部・腰回りの冷えの悩み

足首の冷え

足首が冷えると感覚が無くなる・しびれる

私がこれまで常に冷えを感じてきた部分は足首です。

靴下を履いてもルーズソックスを履いてもずっと冷えが解消されないということもよくあります。

そのため足のストレッチやマッサージなども並行して行っています。

足首が冷えてしまうと氷のような冷たさを感じ、まるで自分の足ではないかの様な感覚になることもあります。

足首から足先が冷えてしびれを感じてしまうことも。

そんな時には、マッサージをして血流の促進を期待するのですが、その効果も一時的ですね。多少は血流が良くなったと感じても、そこがぽかぽかになるという感覚はありません。

そのため常に足首が冷たい、足の感覚が悪いと思うことが多いです。

腹部と腰回りの冷えは体の動きも悪くする

腰

また腹部や腰回りの冷えは、体の芯から冷えているという感覚さえあります。

本当は服に包まれている部分なので、暖かいはず。実際に腹部や腰回りを触ってみても、そこまで冷たさは感じません。

しかし体感としては「なんだか寒い、お腹が冷える」という感じ。

そのため、お腹の動きも悪いような気がしています。

さらに体が冷えると関節の動きが鈍くなるといいますよね。

私の腹部と腰回りはまさにそのような感覚であり、腰を前屈する、腰を左右に振るといった動きをするときに関節がゴリゴリする、関節がスムーズに動かない、さらに以前より前屈できないといった印象があるのです。

冷えにより体は固くなり、体の動きにも影響が出てきているような気がしてなりません。

さらにその影響は姿勢や歩き方にも出ていると思っています。

生姜パウダーとマッサージで冷え性対策

生姜パウダーで代謝を上げる

生姜

まず私が取り組む冷え性対策の一つは、生姜パウダーを摂取することです。

基本的に温かい飲み物を飲むように心掛けていますが、その中に生姜パウダーを入れます。

そうすることにより代謝がよくなり、体温が上がることを期待しています。

ただ実感としては冬場はなかなか体温が上がっていかないなあと思います。

それもそのはず。一度下がってしまった体温、そして一度冷えてしまった部分を温めるには相当な時間もかかるのです。

一回生姜パウダーを飲んだからといって、すぐに改善するわけでもありません。

そこで私は習慣的に生姜パウダーを摂取するようにしているのです。朝、夕は必ず大さじ1杯程度はとるようにしています。

お風呂は湯船につかり、血流改善のためにマッサージをする

お風呂

またもう一つ心掛けていることは、入浴でお湯につかること。そしてマッサージをすることです。

お湯につかるということは基本的なことでありながら簡単なことではありません。

育児もあるし、家事もある。そんな中でゆっくりお湯につかる時間をとるというのは簡単ではないのです。

それでも体を温めるために、できれば20分以上はお湯につかるように心掛けています。

またそのお湯の中で行っていること。それが、足の指を広げる運動です。

足の裏や甲といった部分は揉んだりマッサージすることもありますが、指の1本1本を思いっきり広げるということはあまりありません。

そこで私はお湯の中で足の指の間を出来るだけ広げるという運動をしています。これでかなり血行が改善されると思います。

おすすめの温活グッズは生姜パウダーと温熱サポーター

生姜パウダーで体を内側から温める

これまで購入したことがあるものは、生姜パウダー腹部や腰に巻くベルトです。

生姜パウダーにもいろいろな種類があります。生姜にもいくつかの種類があり、代謝をあげるパワーの強いものもあります。

しかし私が購入したものは、一般的な生姜パウダーです。なぜなら、生姜の違いによる代謝パワーの違いがあまりわからないという理由があります。

そしてやはりパワーが強いとされるものは、価格もそれだけ高いという理由だからです。

基本的に体を内側から温めるものとして生姜を取り入れているのですが、その生姜のランクには特にこだわりはありません。

温熱サポーターでじんわりと温める

次に購入したものは、腹部や腰を保温してくれる温熱サポーターです。

これも緩やかにまくサポーターやがっちり保護するようなサポーター、さまざまなものが販売されています。

しかし私が購入したものは比較的緩やかにまくタイプです。

本当は仕事中にも巻くことが出来れば効果が倍増するのかもしれません。しかしながら、仕事では着替えもしなくてはいけません。また動きを制限されるため、仕事中には外しているのです。

ただ自宅に帰るとすぐにサポーターを装着。

これが習慣になったので、もう腹部や腰回りに何か巻いていないと安心できない、安定しないという感覚があります。

すごく汗をかくというほどの効果はありませんが、じんわりとあったかくなる、そして一度暖まったら、今度は冷えにくいと感じているのでもう手放せないですね。

生姜パウダーとベルトは購入してよかったと思います。

代謝の悪さと筋肉量の低下によって女性は冷えやすい

女性

女性の中には冷えで悩む人が多いと思います。

それは男性に比べて筋肉量も少なく代謝が悪い、さらに年齢的に筋肉が減ってくる、さらに更年期に差し掛かるとさらに冷えは深刻になるでしょう。

しかし何もしなければどんどんひどくなっていくばかり。

そこで大切なことは、少しでも出来る対策をとること。

まずは体の内側からケアできるようなものを考えること。

そして今度は体の外側からケアできるものを考えることが大切です。

私は生姜パウダーで体の内側から温めることを目指しました。

さらに入浴をして体を温めること、腹部や腰回りにサポーターを巻いて部分的に温めることを繰り返しています。

これで冷え性が完璧に解消されたとはいえません。まだまだ冷えに悩まされることも多いです。

しかしながら少しでも出来る対策をとって、体の冷えを取り除きたいと思っています

そのためには自分で出来る習慣をつけること。 冷えの解消への道のりは一日にしてならず。そのために習慣あるのみなのです。

おすすめの記事