58歳の女性です。現在は、在宅ワークも含めて複数の仕事をしています。

私の場合、触って最も冷えていると感じるのは指先です。

氷のように冷たくなるため、指先は今まで何度も人にぎょっとされてきました。

また首周りの冷えにも強く悩んでいます。

首回りが冷えると、肩ががちがちになり場合によっては首が回らなくなります。

指先の冷えが原因で患者さんからクレームが出た過去

看護師

一番冷えを感じるのは手の指先です。


もともと看護師をしていたので、患者さんに触れる機会がとても多かったのですが、職業柄手洗いは避けられません。

しょっちゅう手洗いをしていることもあって、手の指先はとても冷たくなります。

その手で患者さんに触るとぎょっとされてしまいますので、できるだけ手をこすって温めてから触るようにするのですが、手洗いの回数の多さから考えてそんなことでは温まりません。

「その冷たい手でで触られたから、ぎょっとして血圧があがった」

「その手で触られたから血管が縮こまって、点滴が差しにくくなった」

なんて言われることもしょっちゅうあり大変申し訳なく思います。

患者さんが裸になって行うからだ拭きにおいても同様です。

温かいタオルを使って体を拭くわけですが、その温かいタオルを持つ手が冷たいため、手が患者さんに触れないように努力をしています。

しかし、介助が多く必要な方の場合は、片方の手がどうしても患者さんに直接ふれてしまいます。そのようなとき、大変申し訳なく思っていました。

加えて、自分自身の問題として、手が冷たいと指先がうまく動きません。

年齢とともに、ばね指の症状もあり、とくに朝は指の動きが滑らかではありません。

そのため、いろいろなことをするのに時間がかかるのですが、このばね指の状態は冷えにも密接に関係しているように思います。

指先が冷えているとばね指の症状が強くでます。

細かな動作、たとえば朝食を作っているときの動作にも影響をして上手くできなくなるのです。

そういったことから冬の朝は最悪です。

血流を良くすることで指先も温まる

冷え性対策で行っていることの一番はとにかく時間があれば手を温める、ということです。

ポケットには、常に使い捨てカイロを入れています。職場は半そでで行動できるくらい温かいわけですけれど、それでもポケットには使い捨てカイロを入れておきます。

こうすることで、いざ、患者さんに触る!というときにひやっとさせることを少しは防げます。

ただ、あまり清潔とはいえないので、そこからさらに消毒薬を指につけています。

それによりまた冷えてしまうのですが、それでもやらないよりはやる方がいいだろう、という考えです。

 

加えて、朝の指の血流をよくする、ということで、朝起きたらすぐに指の運動をします。時間があると、指の運動だけではなく、体全体のストレッチをして、末梢の循環をよくする工夫をしています。

体温は基本的に血液の温度ですから、その血液を末端までしっかりと運んでもらうためには、運動が一番だと考えています。

血流がよくなると、少しは指先の温度があがると思いますし、それだけではなく、指の動きもなめらかになり、細かな動作をするときの負担が少なくなります。

 

時間があるときにしかできないのですが、お風呂では半身浴を長い時間行うようにしています。

しっかりと温めて、全身の血流をよくすることをしています。

直接指先に影響を及ぼすことではありませんが全身の血流の改善により、指先の血流もよくなるのではないか、という期待感を込めて行っていることでもあります。

血流を良くするためにしている3つのこと
・ポケットに使い捨てカイロを常に入れる
・朝起きてすぐに指の運動をする
・半身浴を長時間行う

温活グッズやサプリを多く試した中で大活躍したのは使い捨てカイロ

カイロ

いろいろな温活グッズやサプリメント、食品などを試しました。

もっともよく試している、というか使用しているのは使い捨てカイロです。

これを冬の間は手袋を二枚にして、その手袋と手袋の間に貼るタイプの使い捨てカイロを貼り付けます。

そうすることで、かなり温かくなります。もちろん通勤の間だけにはなりますが、それでも温めておくとしばらくの間は手袋を外しても温かさが残っています。

その手袋は当然仕事が終わってから帰宅するときにも活用しています。

職場で仕事をしているときには、使い捨てカイロをポケットに入れておき、患者さんに触る前には、それで手を温める、ということをします。

もっとも基本的な温活グッズではありますが、効果があると思います。

ただし永続的に持つものではなく、しょっちゅう手洗いをする看護師という仕事をするうえでは、手が不潔になり再度消毒をしないといけないというデメリットがあります。

肩に張るカイロはかなり温かいので寒い日におすすめ

肩まわりに直接貼るタイプのシップのようなカイロもおすすめです。これは直接貼るので、かなり温かいです。

肩回りは心臓から出て手先に行く血管が通るところでもありますから、その部分を温めておくと自己満足かもしれませんがなんとなく調子がよいように思います。

ただ仕事をしていると熱く感じることもあるので、その点が難点ではあります。

それと使い捨てカイロに比べて、かなり費用はかかりますから、寒い日を中心に使用するようにしています。

自分の予算やライフスタイルに合う冷え対策を見つけることが大事

冷え性で悩む人の気持ちは冷え性での悩みを抱えている人にしかわかってもらえません。特に男性にはわかってもらえず、苦労した経験があります。

冷え性を改善するグッズを人に見つかると、ばあさんくさいと思われるのではないか、という不安にもかられます。

ですが冷えは免疫力を下げることにつながり、いろいろな健康障害のもとにもなりますのでそういったことを考えることなく、とにかく改善する対策をとることが一番だと思います。

他者がいいという方法をいろいろと試してみることもよく、そのなかで自分に合った方法を選択するとよいと思います。

人にとってよくても、自分にとってはよくないこともあります。自分のライフスタイルにあっていないというものも存在します。

自分なりのスタイルを築くまでは、いろいろと試してみるとよいと思います。

のなかで、お金とも相談をして、コスパのよい方法を選ぶ、というのも一つの方法と思います。

多くの女性が冷えで悩んでいると思われ、そういったことを話題に友人と話すと新しい方法の発見があることもあります。

お互い冷えと戦いましょう。

おすすめの記事